パパ活の相場は?20代・30代・40代に分けて徹底解説

パパ活

パパ活は2018年にはブームとなり、一般に広く普及するようになりました。しかし相場に関しては、まだまだ未知数なところも多く個別で設定している事例が多いようです。

そこで今回は20代・30代・40代と分けて女性がパパ活でいくらお手当をもらえるのか、相場について調査してみました。

前提:体の関係なし

前提として、このページにおけるパパ活は体の関係なしの食事やお茶のみのパパ活での相場です。パパ活と援助交際との違いにおいては肉体関係の有無が焦点となってきます。

またデートクラブなどでは肉体関係ありのいわゆる「愛人」関係が求められますのでパパ活がしたいなら注意してみてください。

20代のパパ活相場

20代の食事のみデート相場では5千円~4万円と幅広く分布しています。何が差になっているのか?というと、性格やビジュアル面の違いが大きな差となるでしょう。

見た目の良し悪しで相手に与える影響も大きく異なってきますから、それが相場に影響してくることが考えられます。

やっぱりパパ側の目線としても、見た目が悪い女の子よりもかわいい女の子にお金を出したいという心理がどうしてもありますからね。

もちろん化粧や服装によっても印象は変わってきます。20代には社会経験が少なく、純粋なところがパパ受けする要素となっています。

やはり愛嬌というのは若さがあってこそ出せるものですから、そういった20代特有の武器で勝負していくと相場以上に稼げるようになりますね。

また若さにこだわるなら、20歳前後の女子大生が一番稼げるという見方もできます。純粋無垢なところをウリにして、大きな額を稼ぐこともできるでしょう。

sanmarusanといったデートアプリなら、安全にパパ活ができるので女子大生にもおすすめです。

30代のパパ活相場は?

30代のパパ活相場は5千円~2万円程度となっています。中には美魔女として20代以上に稼ぐ女性もいますが、ごく一部にとどまっているのが現状のようです。

容姿が保てているならともかく、中身も伴っていないと大きく稼ぎづらいのが30代のパパ活女子です。

年齢だけ取ってしまって中身は子供のままというと悲惨な結果となってしまうでしょう。

30代のパパ活女子に求められるのは教養ということが言えますね。

でも安心してください。30代の落ち着いた女性を好むパパも多く存在しています。

「20代は子供すぎていやだ」「話が通じない」という男性は、30代女性との食事を好む傾向があるでしょう。

そういったパパに当てをつけて、相場以上に稼げるようになりましょう。

40代のパパ活相場は?

40代となると肉体関係ありの愛人関係の割合が多くなってしまいます。

純粋に40代女性と食事したいという男性は年上女性が好きな男性に限られ、年上女性が好きという男性の割合は1割からせいぜい2割り程度でしょう。

需要になって相場も変動しますから、相場としては0円~3万円程度といったところ。

ただ諦めるのは待ってください。40代で希望があるとすれば、30代の頃からお付き合いがあるパパと継続的にお手当をもらうこと。長期的に関係が構築できていれば40代になっても関係が切れるといったことはなく、30代と変わらない相場が稼げるでしょう。

ただし40代で新規にパパを開拓しようと思ったら、それ相応の努力が必要だということは言えますね。

食事のみのパパ活相場は意外と高くない

「なんだ、この程度しか稼げないのか」と落胆した女性も多いかもしれません。

しかしお茶やご飯などは食費が浮いたり、普段接することがない男性と話すことで教養が身についたりとためになることが多い活動だと言えるでしょう。

また拘束される時間もそれほどではないため、自分の好きな時間にさくっと稼ぎたいという副業でも役立ちますね。

コメント