体の関係ありでのパパ活相場は?デメリットはあるの?

パパ活

パパ活をしたいと思っている女性は、2つの選択を迫られますよね。体の関係ありで高額報酬(3万~5万)を得るか。お茶や食事だけのデートで少額(5千円~1万5千円)をちまちま稼ぐか。

パパ活女子なら最初は悩むものですが、自分にあった選択をすることで後から後悔することを減らせますよ。

このページでは、パパ活初心者の女子が体ありを選ぶかor体の関係なしで頑張るか選べる選択肢を提示していきますね。

パパ活は体の関係なしが前提

パパ活とはそもそも、体の関係なしでパトロンを見つけるというところからスタートしています。パトロンとはたとえば、今は無名でも将来的には有望なスポーツ選手を応援して目的を果たすサポートをするといったことです。
パパ活は何も無償でお金をもらうわけではなく、なんらかの目的を達成するためにサポートしてもらう関係というのが前提だったんですよね。
しかしあくまでも建前で、実際には食事やデートの後にホテルを期待してしまうのが男性の性でもあります。また体なしのパパ活では女性側も1万円程度の相場しか稼げないため、大きく稼ぎたい女性としては膣ドカタで稼ごうとしてしまうジレンマも存在します。
もちろん相場は相場なので人により5,000円だったり10万円だったりします。食事だけでもこれです。
しかし相対的にみて、体の関係ありのパパのほうがなしのパパよりも高額な報酬を得られる可能性が高いということは言えるでしょう。

体の関係ありのパパの相場

体ありでパパ活をした場合には、最低でも3万円~10万円と幅広い相場でパパ活できる点が魅力的。それ以下の場合には安すぎしリスクもあるのでやめたほうがいいでしょう。

体ありで3万円は最低ラインとして、さらに大きく稼ぐためには新規パパの開拓が重要です。

sanmarusanなどのマッチングアプリではセフレ系の女性を探している男性が多く、パパの属性としても会社社長・医師や弁護士などエリート層が中心なのが魅力的でもあります。

こういったアプリを利用して常に相場より高いお手当をもらえるパパを探してみてください。パパが増えすぎたら、一番もらえる金額が低いパパから切っていくことで太パパを厳選することができます。

体ありパパでの立ち回り

NS、ノースキンでのエッチは避けること。まず前提として病気をもらってしまっては今後も安定してパパ活で稼ぎ続けることはできません。もしナマですることがあるならば、最低でもピルを服用するなどで自己防衛してみてください。

あとは既婚者などはなるべく避けること。最悪の場合には訴えられ、慰謝料などを請求される恐れがあります。裁判沙汰になると長引くし面倒だしでいいことがありません。さらにはせっかく稼いだお金まで取られることになってしまうため、なるべく危険な橋は渡らないことがコツです。

体なしの場合にはなんの問題もないパパ活ですが、体ありの場合にはさまざまなリスクが生まれてくるのが既婚者なんですよね。とにかく既婚者はリスクの塊だということを覚えておきましょう。

さらに奥さんの立場になってみると、かなり怒り心頭である可能性が高いです。自分より若い女性に貢ぐだけでなく体の関係もあったとなると、これは底知れない怒りを買ってしまいますよね。なるべく不貞行為は避けて、健全な活動にしたほうがいいでしょう。

独身男性に絞って探すやり方もあります。素直に申告していることは少ないので、独身だと言われても頭から信じ込まないこともコツですよ。

体ありでのパパ活は稼げる金額が大きいぶん、リスクもつきものだと覚えておいてくださいね。

コメント