田舎に住んでいてもパパ活は可能? 都会じゃなくてもパパ活できる?

パパ活

田舎ではパパ活できないのか?田舎でパパ活する方法は?と気になっている女性も多いかと思います。

確かに、デート倶楽部などは都市部にしか存在しないことが多く実際に足を運んでパパ活したいなら都市部が優れていることもあるでしょう。

しかし田舎でも使えるアプリが増えてきていますし、会員数によって十分に活動できることも田舎でのパパ活を後押ししてくれてますよ。

どうしても都市部には劣る

人口が多く上場企業が集っている地域ではパパ活がしやすいのは事実です。たとえば港区などは、エリートが多くパパ活女子もそれに比例して集まってきたりしてますよね。

このように地域性によっては、出会えるパパの数が大きく変わることは確かだと言えそうです。一方で、田舎だと人口も少ないし会社も富裕層は経営者などごく一部で多いとは言えないものがあります。

限られたパパを地方で見つけるか、東京などで多くのエリートからパパ候補を見つけるか。選択肢は大いに越したことはないですから、どうしても東京などでパパ活したほうが太パパが見つかりやすいという点は確かでしょう。

一方でパパ活アプリやSNSは都心部でなくても使えます。この点で、地方在住でも今はパパが見つかりやすいと言えるでしょう。特別なパイプがなくても、経営者や医師、弁護士など高給取りとつながれるメリットがパパ活アプリにはあります。

sanmarusanといったアプリではセフレ系・デート系のマッチングアプリとなっておりパパ活が推奨されやすい環境が整っていますから、地方で高給取りの男性を見つけるには最適なアプリと言えます。

田舎でのパパ活事情

田舎でパパ活するのは、アプリを使えば可能だということはお伝えしました。しかしパパの絶対数が少ないことから、パパの立場がどうしても上になってしまう点は都会との違いです。

都会では女子側が有利に立ち回れたとしても、田舎ではパパが力を持ち女性をコントロールしやすい環境であることは念頭においたほうがいいですね。

さらに母数が少ないため、太パパを探すのに時間がかかってしまったり、そもそも他のパパ活女子との競争に勝てないことも考えられるでしょう。

アプリ以外でもパパを見つける手段が限られるのも田舎の特徴です。デートクラブや高級キャバクラなど太パパが見つかりそうなリアル店舗も少ないため、どうしてもアプリに頼らざるを得ない一面が大きいでしょう。

相手のステータスが確認しやすいパパ活アプリにはメリットも大きいですが、虚偽の記載をしてくるなど悪質なパパに騙されるリスクも増加します。またアプリでは個人情報が意図的にに隠せるため、伝えたくないことは伝えないことが秘密主義にもつながります。

地方での活動が難しいと感じる場合には、都市部まで遠征する方法もあります。女性専用の格安宿泊施設なども充実してきていますし、東京・大阪・名古屋・札幌・福岡など都市部に近く遠征できるのであれば1週間などまとまった時間をつくって遠征してみるのもいいでしょう。

今度は逆に、地方に出張できているパパをアプリなどで見つけてアプローチする方法もあります。こちらのほうがかかるコストが少なく、効率的にアプローチしていくことが可能です。大きめの都市に住んでいるなら、有効な方法となるでしょう。

sanmarusanといったマッチングアプリならキャストは無料登録できますし、体なしのパパ活をすることもできます。デートだけでお金を稼ぐことができるので、「今のパパとの関係を切りたい」「新しいパパを開拓したい」という人が営業で使うのもいいですよね。

ぜひマッチングアプリを活用してパパ活を成功させてみてください。

コメント